レストランを愛してやまない美食ソムリエAsacoの美食録

年間900軒を食べ歩く、美食ソムリエAsacoが日々の美食やレストラン情報を紹介するグルメブログです

【エレヴァージュ セカンド】西麻布から神楽坂へ移転し、さらなる熟成をつづける熟練ワインバー

こんにちは😃
レストランを愛してやまない、美食ソムリエAsacoです。

 

今日は、西麻布のお店を年内で閉め、

2018年2月に神楽坂へ移転されたワインバー

【Elevage II(エレヴァージュ セカンド)

さんをご紹介します。

 

場所はなんと、

ミシュラン三つ星の日本料理店『神楽坂 石かわ』さんのお隣りです!

美食ソムリエエレヴァージュセカンド

Elevage II(エレヴァージュ セカンド)

今回は『神楽坂 石かわ』さんのお食事の後、石川さん直々にご案内いただいて伺うことができました。

※本当は、訪問前にお電話予約が必要です

 

『神楽坂 石かわ』さんのブログ記事はこちらです🔻

www.bishokuasaco.tokyo

 

西麻布にあった当時は『Elevage(エレヴァージュ)』というお名前で深夜までしっとり営業されていて、この度、装いも屋号も新たにオープンされました。

美食ソムリエエレヴァージュセカンド

Elevage II(エレヴァージュ セカンド)カウンター

グラスがズラリ。

ボトルがズラリ。

グラスを守るスライド式のすりガラス扉が印象的です。

 

そして、中央に鎮座する壺は、石川さんの私物なんだとか。

ほかにも、中国の置物や年代物の壺が飾られていました😆

 

職人気質で神経質、そして超人的なこだわりの強さをもつオーナー・吉田岳史さん。

美食ソムリエエレヴァージュセカンド

オーナー・吉田岳史氏

念入りにリンスして、一口目の味わいを整えてくださっています。

ワインを注がれると。グラスをすぐにスワリングしてしまいがちなのですが、吉田さんが整えてくださる一口目は、調味されたシェフのお料理と同じ。勝手な解釈で味わいや風味を損なわせてしまう様なことはせず、提供されたそのままを享受することで、ここ【Elevage II(エレヴァージュ セカンド)】でしか味わえないワインの姿に出逢うことができます。

美食ソムリエエレヴァージュセカンド
美食ソムリエエレヴァージュセカンド

 

〆シャン

Christian Busin Grand Cru Millésime

(クリスチャン ・ブザン グラン・クリュ ミレジメ) 2004と、

"Raymond Ragnaud - Cognac Grand Champagne"にあわせて、

ピエール・マルコリーニ(PIERRE MARCOLINI)の限定タブレット

"Limited Edition Oriente CUB"をいただきました♡

美食ソムリエピエールマルコリーニ

ピエールマルコリーニ タブレット リミテッドエディション

お食事メニューも充実しているので、ディナー利用としてもぜひ🥂

 

 【Elevage II(エレヴァージュ セカンド)】

・住所:東京都新宿区神楽坂5-37 相良ビル 1F

・営業時間:18:00〜2:00

・カード可

・カウンター、テーブル

 

今日も美食と美酒ワインでハピハピできますように🥂

美食ソムリエAsaco


👉✨Instagrambishoku_sommeliere

👉✨Twitterbishoku_asaco

👉✨レストラン探しはこちら:PlanB公認コンシェルジュ



▶︎美食ソムリエAsacoのオススメシャンパーニュ🥂✨

いつもはピノ・ノワールやムニエなどの黒ぶどう主体のシャンパーニュが好きなのですが、こちらはシャルドネ70%:ピノ・ノワール30%で白ぶどうが主体。しかしこのシャンパーニュにうっとり惚れ込んでしまったのです。2002年ヴィンテージはふくよかなコクがあって、まるでブリオッシュのように香ばしく上品な甘さが香る、とっても魅惑的なシャンパーニュです。ボトル底にはめられているのは、実はデザインではなく、なんと取り外しができる王冠になのです。女性を姫気分にさせてくれるような、そんな華やかなシャンパーニュをぜひ。