レストランを愛してやまない美食ソムリエAsaco®の美食録

年間900軒を食べ歩く、美食ソムリエAsaco®が日々の美食やレストラン情報を紹介するグルメブログです

【Phuc Long Coffee & Tea】ベトナム全土に展開する老舗コーヒーショップの屋上で

こんにちは
レストランを愛してやまない美食ソムリエAsaco®です

 

2019年の秋に訪れたベトナム・ハノイでめぐったグルメについてご紹介します。

ハノイ旅行で参考にした本はこちら▼

地球の歩き方 aruco29 ハノイ 2019-2020 (地球の歩き方aruco)

地球の歩き方 aruco29 ハノイ 2019-2020 (地球の歩き方aruco)

  • 発売日: 2019/07/25
  • メディア: Kindle版
 

 

『Bánh Mì 25』でハノイ最初のバインミーを楽しんだあと、しばらく街を歩いて散策。ハノイのシンボル「ハノイ大教会(聖ヨセフ大聖堂)」を訪れました。

ハノイ大教会(聖ヨセフ大聖堂)

教会内では、帽子、ノースリーブ、短パン、ミニスカートなど肌が出る服装はNGですが、入口にストールが置かれているので、使いまわしさえ気にならなければそれを巻いて入ればOKです。それからまた歩いて街を散策、疲れたのでコーヒー休憩を☕

 

【Phuc Long Coffee & Tea(フックロン)】

 「ハノイ大教会」から徒歩7分。三叉路の正面にある、なんと五階建てのカフェです!

Phuc Long Coffee & Tea Express

82 Hàng Điếu, Cửa Đông, Hoàn Kiếm, Hà Nội, ベトナム

+84 24 3200 1177

 

【Phuc Long(フックロン)】はベトナム全土に展開している老舗のコーヒーショップ。以前のブログ記事、こだわり抜いた『ベトナムコーヒー』おすすめカフェBEST5でもご紹介しています☕

1968年創業のコーヒーとお茶の老舗メーカー、自家農園を持ち、生産から販売まで一貫している。刺激的な苦みのコーヒーには地元ファンが多い。

※「地球の歩き方 aruco ホーチミン」参照

 

注文カウンターのある1階はたくさんの人でごった返していて、順番に並んでメニューを見てオーダー。

Phuc Long Coffee & Tea Express

 

お会計が終わると、レシートと呼び出しブザーを渡されます。テイクアウトの人も、自分のブザーが鳴るのを待っているので、それで人が溢れかえっている様子でした。

Phuc Long Coffee & Tea
Phuc Long Coffee & Tea

呼び出し音が鳴ると、レシートの内容を確認されてブザーと商品を交換。記念に持って帰ろうと思っていたレシートも、そのまま店員さんに伝票差しにプスっと刺されて回収されちゃいました!写真撮っておいてよかった。

 

どの階も満席だったので、エレベータで5階まで上がって屋上へ。

Phuc Long Coffee & Tea Express

片手2個持ち、ガラス越しの自撮り、必死のアングルそしてピンボケという写真!笑

 

Phuc Long Coffee & Tea Express

屋上は屋根がなくとても暑かったですが、人が少なく開放的で、ハノイの街並みやバイク群などを見下ろせたので良い場所でした。

 

Phuc Long Coffee & Tea
Phuc Long Coffee & Tea

☕Rich Milk Coffee Cold 35k VDN

☕Black Coffee Cold 30k VDN

ブラックコーヒーはさすがに苦みが強く、やっぱりオススメは練乳入りの甘いベトナムコーヒーですね😋ここで水分と糖分をしっかり補給。まだまだハノイ旅はつづきます。

 

引き続き、ハノイ旅行の記事を更新していく予定です😋🥪

ホーチミンの食べ歩き紀行のまとめ記事はこちら▼

 

それでは今年一年も、美酒・美食でハピハピできますように🥂

美食ソムリエAsaco ®

※レストランのご紹介や取材・イベント参加は、DMもしくはメールにてご連絡ください。お問い合わせはこちら

 👉✨Instagrambishoku_sommeliere

👉✨Instagram(coffee)bishoku_coffee

👉✨Twitterbishoku_asaco 

 
ゴ・エ・ミヨ 2020 (Gault&Millau)

ゴ・エ・ミヨ 2020 (Gault&Millau)

  • 発売日: 2020/02/19
  • メディア: 単行本
 
ミシュランガイド東京2020

ミシュランガイド東京2020

  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)