レストランを愛してやまない美食ソムリエAsaco®の美食録

年間900軒を食べ歩く、美食ソムリエAsaco®が日々の美食やレストラン情報を紹介するグルメブログです

京都【陶あん】アマビエプロジェクト!アマビエの豆皿をプレゼントしていただきました♡

こんにちは
レストランを愛してやまない美食ソムリエAsaco®です

 

ROCOCO Tokyo WHITE

日本初のラグジュアリービールが期間限定で一般販売🥂

ぜひご自宅でお愉しみください🥂

 

京都【陶葊(とうあん)】さんより、アマビエの豆皿を送っていただきました♡

京都【陶あん】アマビエの豆皿

【陶葊(とうあん)】とは、京焼・清水焼の窯元で、大正11年に京都の東山泉涌寺で操業。京都を訪れた折には、必ず足を運ぶほどに大好きな清水焼の窯元さんで、自宅の和食器はほとんどが陶葊さんの器です。

野々村仁清(にんせい)、尾形乾山(けんざん)からの京焼・清水焼の伝統を受け継ぎつつ、常に技術革新に取り組み、他の京焼・清水焼と一線を画する作品を作り続けています。現在は、四代目である土渕善亜貴(どぶちよしあき)が陶葊の当主であります。

公式HPより

 

今回は、「アマビエプロジェクト」として、 アマビエが描かれた豆皿を、なんと400枚もお客様に無料プレゼント🎁されると知って、送っていただきました。

伝承によると、江戸後期(19世紀中ごろ)、肥後の国(熊本)の海の中に夜な夜な光るアマビエが現れ、「私の姿を写して人に見せると病気から逃れることができる」と言って消えたそうです。

八田和尚の字と土渕かおり、陶あん職人でアマビエを写し皆さんとともにコロナを消し去ろうという思いから、コロナ終息を祈願して、作りお送りさせて頂きました。沢山の笑顔溢れる日常に花を添えられる様に今後も陶あん皆で精進して参ります。

株式会社 陶あん 女将 土渕かおり

※添えられたお手紙より

 

京都【陶あん】「アマビエプロジェクト」

 ありがとうございます。

この素敵なプレゼントを飾って、家族で乗り切りたいと思います。

皆様も、どうかご自愛ください。

京焼・清水焼窯元 陶あん(とうあん)

・本店:〒605-0976 京都府京都市東山区泉涌寺東林町38

・gallery土渕善亜貴:本店前

・錦小路店:〒604-8052  京都府京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛冶屋町215

・八坂店:〒605-0827 京都府京都市東山区八坂通下河原東入八坂上町385-7

 

 

▼テイクアウト・デリバリー・お取り寄せグルメのまとめ記事はこちら▼

www.bishokuasaco.tokyo

レストランを愛するからこそ、いまはじっと耐えて平和な日々が戻ってくることを祈るのみ。だからこそ、「おうち時間」もより豊かなものにしていく努力が必要です。 

 

それでは今年一年も、美酒・美食でハピハピできますように🥂

美食ソムリエAsaco ®

※今年の抱負「ブログを毎日更新する!」実行中♡

👉✨Instagrambishoku_sommeliere

👉✨Instagram(coffee)bishoku_coffee

👉✨Twitterbishoku_asaco 

※レストランのご紹介や取材・イベント参加は、DMもしくはメールにてご連絡ください。お問い合わせはこちら