レストランを愛してやまない美食ソムリエAsacoの美食録

年間900軒を食べ歩く、美食ソムリエAsacoが日々の美食やレストラン情報を紹介するグルメブログです

【東京和食 五十嵐(いがらし)】6月メニューはついに、鮎&黒ビールの最上級ペアリングが登場します

こんにちは😃

レストランを愛してやまない、美食ソムリエAsacoです🌹

 

皆さんお元気ですか???

今日から6月になりましたね🌸

東京ももうすぐ梅雨入りです😢

 

先日、

【東京和食 五十嵐(いがらし)】

さんの「6月メニュー試食会」へ参加してきました。

美食ソムリエAsacoレストラン

東京和食 五十嵐

ファサードからもう・・・うっとり素敵ではありませんか♡

すでにたくさんの要素が仕込まれているのですが、動画禁止なので・・・写真のみでお届けします。

 

【東京和食 五十嵐(いがらし)】さんは、

2018年3月1日にオープンをとげたばかりで、

実は、そのグランドオープン初日にも伺わせていただきました♡

 

「クロダンボネ様」完全プロデュース!

大将は、ミシュラン二つ星の日本料理店『銀座 奥田』で料理長を務められていた、五十嵐大輔さん。その、五十嵐さんのお名前を屋号に冠したのが、

【東京和食 五十嵐(いがらし)】さんです。

美食ソムリエAsacoレストラン

東京和食 五十嵐・五十嵐シェフ

 『東京和食』とは、

これまでの日本料理界の概念を覆す、東京に存在し、東京だからこそ、東京でしかあり得ない和食料理店として、新たにこの世に生まれたジャンルなのです。

 


その全貌は会員のみに公開され、

予約はすべてクロダンボネ様経由。

そして、ゲストはお一人様限定。

【東京和食 五十嵐】に訪れるすべてのゲストが、お一人様で来店されるのです。

 

そこから先は・・・

ぜひ、一度、

足を運んでみて、体験してみてください。

 

そこは、

唯一無二の空間。

唯一無二の日本料理店なのです。

 

6月のメニューポイントは、鮎と黒ビールです♡♡♡

美食ソムリエAsaco五十嵐

長野・天竜川の鮎

そしてなんと、この日は

2種の鮎が登場しました!

長野・天竜川の鮎は、しっかりとカリッカリに焼き上げていて・・・

 

美食ソムリエAsacoレストラン

 

2種目のこちらの鮎は、いったいどちらのでしょうか?🌸

身はふっくらしっとり焼きあがっていて、これを焼き分ける五十嵐さんの技術は見事。

あわせる黒ビールはそれぞれに2種ずつ。

美食ソムリエAsacoレストラン

鮎と黒ビールのマリアージュ

実は、ビールが苦手でふだんは全く飲まないのですが、五十嵐さんの焼く鮎の苦味と甘みのバランス、そして黒ビールが絶妙に合わさって、おいしくいただけちゃうのです・・・♡

黒ビールを世界中から取り寄せて、五十嵐さんの鮎に合うものを厳選されているそうです。その日の鮎のコンディションにあわせて、マリアージュさせる黒ビールも変わっていくのかもしれませんね!

 

そのほかのお料理の詳細は、

instagramでご紹介しています。

www.instagram.com

 

この日はなんと、生の鱧が最初に登場しました!

https://www.instagram.com/p/Bjq6sEalQr9/

.都内某所に3月1日グランドオープンした、【東京和食 五十嵐】さんの6月メニュー😊❣️ 住所・電話番号非公開、貸切・紹介不可、お一人様限定、クロダンボネさんプロデュースの新世界・東京和食です🌟 【#美食ソムリエAsaco の美食録】

 

 【東京和食 五十嵐(いがらし)】

・住所:東京

・営業時間:20:00 一斉スタート

・定休日:水・日曜日

・カード可

・カウンターのみ

・お一人様限定


それでは、

今日も美食レストランでハピハピできますように🥂


👉✨Instagrambishoku_sommeliere

👉✨Instagram(coffee)bishoku_coffee

👉✨Twitterbishoku_asaco

👉✨レストラン探し:PlanB公認コンシェルジュ


美食ソムリエAsaco 

 

▶︎美食ソムリエAsacoがオススメする

今月のシャンパーニュ🥂✨

いつもはピノ・ノワールやムニエなどの黒ぶどう主体のシャンパーニュが好きなのですが、こちらはシャルドネ70%:ピノ・ノワール30%で白ぶどうが主体。しかしこのシャンパーニュにうっとり惚れ込んでしまったのです。2002年ヴィンテージはふくよかなコクがあって、まるでブリオッシュのように香ばしく上品な甘さが香る、とっても魅惑的なシャンパーニュです。ボトル底にはめられているのは、実はデザインではなく、なんと取り外しができる王冠なのです。女性を姫気分にさせてくれるような、そんな華やかなシャンパーニュをぜひ。